日常的にクレジットカードで支払いをすることでキャッシュレスに。

アメリカに住んでいた時に、とても便利だなと感じたのがキャッシュレス社会でした。たった100円程度のガムを買うのに1ドル札を出すためにお財布をごそごそ探すということをしない人がほとんどなのがアメリカ社会です。それを最初に見た時にはかなり驚きました。ですがアメリカ社会こそキャッシュレスの社会なので、クレジットカードが大きな威力を持っているのです。日本に帰国してから、私もクレジットカードで全ての支払いをして生活していきたい、キャッシュレスの便利さを知ってしまったことで現金使用から卒業したいという思いが募るようになりました。そして、昨年あたりからようやく、公共料金、家賃支払い、日用品買い物、食品、洋服などに関してはほぼ100パーセントをキャッシュレスで、クレジットカードを使用しています。八百屋など小さな小売店は、さすがにクレジットカードでの支払いは難しいですが、大手のスーパーではクレジットカード支払いが問題なくできるので、最近はクレジットカードを受け付けている店舗を選んで使用するようになっています。クレジットカードで生活費を賄うことによって、明細書が私の家計簿がわりになり、とても便利になりました。どんなものにどれだけ使ってきたかが一目でわかるので、クレジットカード支払いは現金支払いよりもはるかに家計管理には向いていることを実感中です。